赤ちゃんが生まれるまでに|マタニティライフにやっておきたいこと!

妊娠中期に入って体調が安定してくると、
充実した時間を楽しみたいと思ってきますよね。
こどもが生まれると、できないこともあると思って、
欲張っていろいろと計画を立ててしまう気持ちもわかります!

今回は赤ちゃんが生まれるまでに、
「マタニティライフにやっておきたいこと」をまとめてみました♪

目次

マタニティライフを楽しむためのポイント

赤ちゃんが生まれるまでに、できなくなることを考え、
たくさんやりたい!と思うことがたくさんあるかもしれません。
しかし、とにかく赤ちゃんのためにも無理は禁物です!

いつもと違うお腹の張りや痛みなど、体調が悪くなったときは、
事前に予定を立てていたとしても、すぐに予定をキャンセルして、
かかりつけ医に相談するようにしましょう。

外出時はもしものための準備をする

妊娠中は代謝が活発になるため、外出する際には、
水分補給のために、水筒など飲み物を持参するようにしましょう。

また、もしもの破水に備えるために、
妊娠後期ごろの外出の際は、破水対策用の夜用ナプキンを持ち歩きましょう。
病院へ向かうまでの応急処置に役立ちます。

日ごろから体調を整えておく

赤ちゃんのために今できることは、
日ごろからきちんとした生活をし、体調を整えておくことです。
決して無理をせずに、ちょっとした体の変化にもすぐ気づけるようにしましょう。

やっておきたいことベスト5!

必ずしもできなくなるわけではないのですが、
赤ちゃん中心の生活となることで、どうしても自分の時間がなくなるため、
ゆっくりと楽しむことができなくなります。

  • ひとりで楽しむこと
  • 育児の予習や内祝いなどの前調べ
  • パパとゆっくり過ごすこと
  • 片付け・断捨離で赤ちゃんの準備
  • 保険や生活などのお金の勉強

ママがやっておけばよかった!と思っていることには、
やはり時間があるうちにできることの後悔が大きいようです。

ひとりで楽しむこと

産後はどうしても難しくなる「まとまった睡眠」や「長風呂」など、
ひとりの時間をリラックスや充電にあてるのがおすすめ!
子育ての中で、パパが休みの日だけゆっくりお風呂に入れますが、
これがどれだけ幸せなことか、私も今現在かみしめています…。

また、スポーツ観戦やライブ・映画館、
ウォーキングやカフェでのゆったりとした時間など、
生まれてからはなかなか行くことが難しくなります。

赤ちゃん中心の生活となることで、自分ひとりの時間の確保ができなくなるため、
のんびりとしたり、非日常感を楽しむことがおすすめです♪

育児の予習や内祝いなどの前調べ

いざというようにあせらないように、
育児の予習や内祝いなどを前調べしておくのも◎

保育園の申し込みや出産後の手続きなどは、結構複雑なことが多いため、
役所への手続きが必要な項目を調べておくと良いですよ!
書類の事前に書き込める部分をうめておいたり、
旦那さんにわかりやすく、書類をまとめておくのもがよいでしょう。

また、内祝いについても、資料請求などをしておき、
事前に夫婦2人で目を通して大体決めておくと、
赤ちゃんが生まれてバタバタしている中でも、納得のものを送れるので安心です。

パパとゆっくり過ごすこと

パパと恋人だったころのように、手を繋いだりデートしたり、
赤ちゃんが生まれるまで、ふたりの時間を楽しみましょう!

夫婦水入らずで近場に宿泊したりするのもおすすめ。
「マタニティプラン」や「貸切風呂」なんかがあると、
さらに安心して楽しむことができますよ♪

パパとゆっくり過ごせる妊娠中の思い出に、
今しかないゆっくりとした時間を、ふたりで楽しんでくださいね。

片付け・断捨離で赤ちゃんの準備

赤ちゃんが生まれるまでに、お部屋の片づけや断捨離をして、
赤ちゃんを迎える準備をしましょう。
私も里帰りしている時に、パパにお部屋を片付けてもらい、
赤ちゃんのスペースを作ってもらいました♪

しかし、不要なものをあまり捨てていなかったので、
子育てで大変な中、一週間集中して片付けと断捨離をした結果、
体調を崩し、風邪をひいてしまいました…。
なので、なるべく時間のあるうちに、準備するのがおすすめです!

他には、赤ちゃんを迎えるために、ベビーグッズのハンドメイドも!
キットを利用したり、ネットで作り方を調べて手作りすると、
赤ちゃんが生まれてくるのが、より楽しみになりますし、
着せたときに、その時のことを思い出したりできるのも素敵ですね♪

保険や生活などのお金の勉強

この先、パパとママと赤ちゃんと暮らしていくから、
保険の見直しやお金の勉強をしておくのも大切なことです!

出産育児一時金などの、出産によって「もらえるお金」を確認して、
どこにどんな申請が必要か、まとめておくのも良いでしょう。
また、学資保険の加入を考えたり、生命保険の見直しなど、
保険の相談窓口やFP(ファイナンシャルプランナー)さんに相談するもの◎

私は出産前に、FPさんに相談する機会があったのですが、
生活の中での口座の管理方法や、今現在の生活の中での貯蓄方法、
また、入っておくと良い保険についてなどを聞けたので、
相談してよかったな、と思っています!

充実したマタニティライフを送ろう

妊娠中に楽しんだことや挑戦したことは、
きっと赤ちゃんが生まれてから、自分の大切な思い出になるはず。

産後は赤ちゃん中心の生活になるからこそ、
マタニティライフを充実させて、楽しんでくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる