妊娠中に辛いものを食べてもいい?辛いものを食べたくなったら…

妊娠中は気を付けたい食べ物、というものがありますが、
その中の一つが「辛いもの」です。

特にカレーやキムチなど、普段の食事によくある食べ物は、
余計に心配になったりしますよね。

実は私も妊娠中にどうしても辛いものが食べたくなって、
よくお昼にトムヤムクンやスンドゥブなど食べていました。
大丈夫かな?と思いながらも食欲に勝てませんでした…。

今回はそんな「妊娠中の辛いもの」について、
カレーやキムチなどは大丈夫なのかや、
唐辛子などの香辛料は問題ないのか
などをまとめてみました!

目次

妊娠中は辛いものを食べてもいい?

カレーやキムチなどの辛いものを食べると、
汗をかいたり口がピリピリしたりなど刺激がありますよね。
そんな時に、「妊娠中に食べても大丈夫かな?」と、
心配になる妊婦さんも多いと思います。

実は妊娠中に辛いものを食べるのは、特に禁止されていません!

妊娠中に辛いものを食べたからといって、
お腹の赤ちゃんに直接悪影響を与えることはないので、
まずは安心してくださいね。

ただし辛いものに含まれる「唐辛子」は、
食べ過ぎると胃腸が刺激されて、下痢などの症状を引き起こしたり、
腹痛が起こる
こともあります。

妊娠中には飲める薬も限定されてしまいますし、
必要以上に体力も消耗してしまうことにもなります。
おいしいからといって食べすぎには注意するようにしましょう。

辛いものを食べすぎたら…カレーやキムチは?

カレーに使われる多くの香辛料や、
キムチに含まれている唐辛子などの香辛料は、
妊娠中などにかかわらず、過剰摂取に注意する必要があります。

またカレーやキムチには塩分も多く含まれているため、
妊娠中には特に注意が必要です。

食べすぎに注意しながらも、胃腸の刺激などを抑えたいときには、
牛乳」を先に飲んだり、辛いものと一緒に飲んだりして、
胃の粘膜を保護するようにしましょう!
牛乳の成分でお腹も壊しにくくなりますよ。

妊娠中に塩分をとりすぎると…

辛いものを食べてスープまで飲んだりなど、
妊娠中に塩分を取りすぎてしまうと、血圧が上がり、
「妊娠高血圧症候群」になる可能性があります。

妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に高血圧・蛋白尿・むくみ、
などといった症状が出る病気の総称
です。

妊娠高血圧症候群にかかってしまうと胎盤がうまく機能しなくなり
お腹の赤ちゃんへの栄養がうまく送られなくなり、
発育不全や機能不全を引き起こすリスクも高くなります。

辛さや香辛料なども気になるところですが、
妊娠中の1日の塩分摂取量である10g以下を目安にし、
気を付けるようにしましょう。

「妊娠初期」の辛いものは大丈夫?

妊娠初期はまだ不安定な時期であるため、
辛いものなど食べたものが影響して胎児に影響があったり、
流産のリスクが高まったりするのでは
、と不安になりますよね。

妊娠初期に辛いものを食べたからといって、
流産のリスクが上がることはありません。

また妊娠初期のつわりの影響によって食べのものの好みが変化して、
辛いものが急に食べたくなったり
する人もいます。
辛いものは刺激が強いですが、心配しすぎなくても大丈夫です!

辛いものを食べるよりも、食べ過ぎには注意するようにしましょう。

辛いものは体に良いこともある

妊娠中の食事に辛いものを適度に取り入れると、
体に良い影響を与えることもあります。

唐辛子は血行を促進して新陳代謝を活発にし、冷えの予防につながります。

妊娠中の冷えお腹が張ったり腰痛につながったり、
また便秘などを引き起こす
こともあります。
冷えがひどいときには辛いものを適度に摂取して、
体を温める
のもいいかもしれませんね♪

塩分量を気にするのであれば、料理の塩分を減らすために、
塩の代わりに香辛料で味付けするのもおすすめです。
塩の量を控えめにして、唐辛子や胡椒、
わさびなど身近な香辛料を加えると風味もよくなりますよ!

過剰摂取に気を付けながら、
好みに合わせて妊娠中の食事に香辛料を取り入れてみてくださいね。

キムチで便秘が解消できる!?

妊娠中は便秘に悩まされている人も多いですよね。

発酵食品は乳酸菌が多く含まれているので、
腸内環境を整えてくれる効果が期待でき、便秘解消になることも!

そのため辛いものであるキムチもおすすめですし、
他にはヨーグルトなども妊娠中にはおすすめですよ♪

ただし前述しているように、食べすぎには要注意。
キムチに含まれる唐辛子は食べ過ぎると胃腸に負担がかかり、
塩分もたくさん含まれています。

できれば辛さと塩分が控えめで、まろやかな味付けのキムチを選んだり、
キムチ鍋の時には豆乳を加えてまろやかにしたりなど、
刺激を抑えるようにすると◎

妊娠中の辛いものは適度に摂取しよう

妊娠中の食事は様々なところに気を使いますよね。
しかしアルコールや生肉など、リスクの高いといわれているものをきちんと避ければ、
そこまで食べられないものは多くなかったり
します。

気にしすぎていると逆にそれがストレスになったりするので、
妊娠中もカレーやキムチなどの辛いものを適度に楽しめるといいですね!

妊娠することをきっかけに、普段の食事を見直すことは、
健康な生活を送るためには大切なことのひとつでもあります。
注意することで、出産後の赤ちゃんの離乳食作りや、
家族の献立にもきっと役立っていきますよ♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる