どんなふうに伝える?成長する赤ちゃんに届く伝え方

赤ちゃんが大きく成長することで、
「こうしたい!」「これが欲しい」など、少しずつ自己主張が強くなってきます。
それは、生後4ヶ月のひーたんを見ていても、
生まれたばかりの頃は、欲求が素直だったよね~と感じています。

しかし、少しずつ行儀や生活習慣を身につけさせたり、
泣いているときなどの、欲求にすべて答えられないとき、
そんなとき、赤ちゃんにはどんな風に伝えたらいいのでしょうか?

今回は、そんな赤ちゃんに伝えたいことをどんなふうに伝えたらいいのか
「赤ちゃんに届く伝え方」についてです!

目次

赤ちゃんの癇癪(かんしゃく)とは

赤ちゃんは、まだ言葉がうまく使えず、
自分の思いをうまく伝えることができません。

うまく伝えることができなかったり、やりたくないことをさせられたとき、
赤ちゃんは気持ちを伝えようとして、泣きわめいたり、
寝っ転がって手足をばたばたしたりと、
癇癪(かんしゃく)を起こすことがあります。

そんな時、パパやママももどかしくなってしまいがちですが、
まずは赤ちゃんがどうしたかったのかを考えましょう!
言葉で正しい気持ちに応えてあげたり、根気よく伝えることで、
赤ちゃんにきちんと伝えることができます。

もちろん、それでもおさまらない場合もありますが、
そのやり取りをしていくことで、赤ちゃんとの信頼関係が築かれていきますよ。

心がけたい3つのポイント!

  • くらべない
  • あせらない
  • たたかない

くらべない

大人もそうであるように、赤ちゃんにも個性があります。
こころの成長ぐあいは人それぞれです。

他の子は聞き分けがいいのに…、なんて比べて叱っても、
赤ちゃんには伝わりません。
大人だって比べられるのは嫌ですよね。

あせらない

赤ちゃんには一度で伝わったり、
できるようになったりすることはない、と覚悟を決めて、
根気よく、言葉と態度で伝えてあげましょう!

たたかない

何度言っても伝わらず、カッとなって手をあげてしまう…。
でも、叩くことは赤ちゃんにとって全く意味がありません。
守ってくれるはずの人からのそういった行動は、
恐怖心を植え付けて、信頼関係を崩すだけです。

パパやママは、もしも気持ちがたかぶってしまったら、
深呼吸したり、一度その場を離れるなどして、
冷静になる工夫をするようにしましょう。

赤ちゃんのこころに伝わる4つの方法

赤ちゃんは、良いことと悪いことの区別がつきません。
赤ちゃんにうまく伝えるためにはどうしたらよいのでしょうか?

ここでは、こころに伝わる4つの方法についてご紹介します!

  • 真剣に「しかる」
  • どうしたらいいか「伝える」
  • 気持ちを「受け止める」
  • 聞けたことを「ほめる」

真剣に「しかる」

赤ちゃんに命の危険があるときなどは、
「危ない!」「いけない!」と声をかけて、
ぎゅっと手を握ったり、抱きとめるなどして、その場でしかりましょう。

ポイントとしては、指示は短く、真剣にすることが大切です!
いつもやさしい、パパやママの変化を感じ取って、
赤ちゃんも「いつもと違う」と、ハッとしますよ。

どうしたらいいか「伝える」

赤ちゃんに、何がいけなかったのか伝えましょう。

丸いところが青にならないと行っちゃダメだよ!車にバーン!だよ

ものを投げちゃダメだよ!当たったらママ、痛い痛い!だよ

伝えるときはなるべく簡潔に伝えるようにします。
赤ちゃんに伝えるときは、長くだらだら言っても伝わりません。

気持ちを「受け止める」

「口に入れたかったのね」「それをしたかったのね」など、
まずは赤ちゃんの気持ちを察して、受け止めてあげましょう。

赤ちゃんが安心して落ち着くことで、
こちらの思いも伝わりやすくなりますよ!

聞けたことを「ほめる」

赤ちゃんが伝えたことをきちんと聞けたときは、
「よく聞けたね、次からできるね」「ちゃんとできたね!」など、
ほめてあげるようにしましょう!

この4つの方法を繰り返すことで、
赤ちゃんはひとつずつ正しいことを覚えていきますよ。

届けるポイントを押さえて、心を育てよう

赤ちゃんはどんどん活発になり、好奇心も旺盛です。
自己主張が激しくなることで、パパやママが悩むことももちろん増えます。
そんなときは、赤ちゃんとしっかり向き合って、
根気よく気持ちを伝えるようにしましょう。

パパやママが以上の伝え方を繰り返すことで、
信頼関係が築かれて、赤ちゃんにしっかり伝えることができ、
また、赤ちゃん自身の心の成長にも繋がりますよ♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる