赤ちゃんが便秘に!うんちが出ないときの対処法

ひーたんはほとんど便秘がなく、
出ない時でも2~3日のうちには必ずうんちが出ていたのですが、
離乳食がはじまってから、急に便秘に…。
子育てするママが、一度は赤ちゃんの便秘を経験するのではないでしょうか。

今回はそんな「赤ちゃんの便秘」について、
うんちが出ない時の原因や対処法などをご紹介します!
ぜひ実践してみて、赤ちゃんの便秘を解消してみてくださいね。

目次

赤ちゃんの便秘はなぜ起こる?

「便秘」というと、なんだか女性がなるイメージがありますが、
実は赤ちゃんにも多い症状です。

早い赤ちゃんだと、生後2ヶ月頃から便秘がはじまり、
離乳食時期を過ぎても、長い期間続く赤ちゃんもいます。

原因は水分不足&運動不足

赤ちゃんの多くの便秘の原因は、水分不足で起こります。
生後2ヶ月頃から、赤ちゃんはお腹に便を貯められるようになってきます。
離乳食などで、母乳やミルクの量などによる、
赤ちゃんが水分をとる量が減るため、便秘になりやすいんです。

更には、運動不足なども原因のひとつです。
足腰をよく動かすことで、お腹の腸の刺激になりますが、
生後2ヶ月頃~の赤ちゃんは、まだ自分で自由に動くことができません。
そのため、便秘になりやすいといわれています。

便秘状態のチェック

赤ちゃんの便秘をチェックするときに、
うんちが何日出ていないと便秘というのでしょうか。
体質的には個人差があるので、たとえ毎日出ていなくても、
便秘ではないときもあります。

そこで、赤ちゃんが便秘なのかどうか、
便秘状態をチェックするポイントをまとめてみました!

赤ちゃんの機嫌が悪い

便秘になることで、お腹にガスが発生します。
お腹が張ったり、気持ちが悪かったり苦しかったりして、
赤ちゃんは機嫌が悪かったりします。
ひーたんもぐずって、なかなか寝つきが悪いときがありました。

赤ちゃんの様子に気を配り、
ぐずって泣いていたり、寝つきが悪いときは注意です。

食欲がない

うんちが出ないでお腹に溜まっていると、
気持ち悪く、赤ちゃんに食欲がなくなるときがあります。
母乳やミルクの飲みが悪いかどうか、注意しましょう。

逆に食欲がいつも通りあり、排便もあるのであれば、
うんちが2~3日に1回でもそこまで心配する必要はありません。

うんちが固い

便秘でうんちがお腹にある状態が続くと、
水分が吸収され、さらにうんちが固くなります。
数日出なくても、うんちの状態が柔らかければ問題はありません。

固いと排便のときに肛門の周辺を傷つけてしまったり、
あかちゃんがうなったり、泣いたりすることがあります。
うんちの色がいつもと違うときや、出血があるときは、
念のため病院を受診するようにしましょう。

赤ちゃんの便秘解消方法!

赤ちゃんの授乳のタイミングや、おしっこ・うんちの回数など、
ママはチェックしていると思います。
ここでは、数日うんちが出ていなくて「便秘かも?」と思ったとき、
ご家庭でできる、簡単な便秘解消方法をご紹介します♪

もしご紹介する方法でも、なかなかうんちが出ない時や、
赤ちゃんの様子がいつもと違う時は、迷わず病院を受診するようにしましょう。

水分補給させる

水分不足で起こる便秘ですので、
まずは赤ちゃんにしっかりと水分を取らせるようにしましょう!

母乳の場合、量が少ないと感じた場合は、
白湯やベビー用の麦茶・ミルクを追加で与えるのが◎
また、オリゴ糖は善玉菌を増やし、便秘解消に効果があるとされているので、
粉ミルクの種類を変えてみるのもひとつの手です。

『商品リンク:ベビー麦茶』

離乳食がはじまる頃までは、
母乳以外の水分は必要ない、と私も産院で言われました。
しかし、水分不足を感じたときは、母乳やミルク以外の水分をあげても、
赤ちゃんには問題ありませんよ。

運動・ストレッチをする

赤ちゃんに運動をさせて、胃腸の働きを促進させてあげましょう!

  • 足を優しくクロスする
  • お腹にゆっくり「の」を書くようにマッサージ
  • 両足を優しくお腹に引きつける

赤ちゃんとのスキンシップのひとつとしてできるので、
普段からするようにして、便秘を予防しましょう!

綿棒浣腸

「どうしてもなかなかうんちが出ない」という場合は、
ベビー用綿棒を使って、赤ちゃんに浣腸するのがおすすめです!

綿棒浣腸はゆっくりすれば、刺激が強いものではないので、
毎日しても問題ありません。
赤ちゃんの様子を見ながら試してみてくださいね♪

STEP
準備

ベビー用綿棒を用意したら、
ベビーワセリンやベビーオイルなどを、
綿棒にたっぷり染み込ませます。

浣腸をした途端に、急にうんちがどばっとでることもあるので、
綿棒浣腸するときは、下におむつをしいたり、
お風呂場で行う
といいですよ!

STEP
肛門へ綿棒を入れる

赤ちゃんを仰向けに寝せたら、両足を広げて持ち上げます。
綿棒を赤ちゃんの肛門に、先の綿が見えなくなるほど入れます。

この時、綿棒を入れ過ぎてしまうと、
赤ちゃんの直腸を傷つけてしまう場合
もあるので、
注意しながらゆっくり入れるようにしましょう。

STEP
綿棒でマッサージをする

お尻に入れた綿棒で、円を描くように、
優しくゆっくりくるくるとマッサージ
します。
1秒に1回転を10回くらいがいいですよ♪

また、綿棒をゆっくり出し入れしたりして、
うんちが出るように肛門を刺激しましょう。

STEP
お腹をマッサージする

綿棒浣腸が終わったら、赤ちゃんのお腹もマッサージしましょう。
おへその下あたりの下腹部を、親指で押してあげると効果的です!

それでも便秘が解消されないときは…

赤ちゃんに便秘解消方法を試してみても、
なかなか便秘が解消されないときは、
赤ちゃん用の「イチジク浣腸」を使ってみるのもおすすめです!
肛門に入れて注入するだけなので、とっても簡単ですよ。

しかし、浣腸薬を使うことに不安がある場合などは、
病院に行くのがおすすめです。
(乳幼児医療受給者証などで、病院が無料になる場合もありますよ!)

「便秘で病院に行ってもいいの?」 と悩むかもしれませんが、
酷い便秘を放っておくと、さらにうんちが出づらくなったり、
発熱などの症状がでる可能性
もあるので、迷わずに受診しましょう。

過度に心配しすぎずに様子を見守ろう

離乳食がはじまって、ひーたんの便秘を経験した私ですが、
3日うんちがでないと、「いつでるのかな」「苦しくないのかな」と、
それはもう焦りました…。
(寝る前にうなったりしたのも、気になったりしました…。)

それから便秘解消方法を続けると、4日目にようやく出たのですが、
水分補給や運動など、普段から気をつけようと思いました。

赤ちゃんの便秘の多くは一時的なものなので、
少しずつ腸が発達することで改善されていくようです。
私のように、過度に心配しすぎることなく、
様子を見守ってあげてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる