赤ちゃんと遊ぼう!初めてのおもちゃはいつから?どんなものがいい?

赤ちゃんが大きくなり、あやすして笑うようになるととっても可愛いですよね!
一般的に生後3ヶ月頃から徐々に首がすわり始め、
赤ちゃんの運動量も多くなってきます。
0歳の赤ちゃんには、おもちゃはどのようなものが良いのでしょうか?

今回は、赤ちゃんとはじめて遊ぶことおすすめのおもちゃのご紹介です!

目次

赤ちゃんのおもちゃはいつから?選び方は?

赤ちゃんが、あやすと笑うようになるのは生後3ヶ月頃と言われています。
そのころにはいろんなものに興味深々で、
顔をきょろきょろと動かしている姿がよく見られます。
そのため、おもちゃを使用して遊ぶのは生後3ヶ月頃からが良いでしょう。

赤ちゃんは好奇心いっぱいです!
おもちゃを使用することで、赤ちゃんが楽しそうに手足を動かしたり、
また、ママやパパも声をかけながら体をいっぱい触ったりすれば、
赤ちゃん自身の運動能力やこころの成長をサポートすることにもなり、
赤ちゃんの成長に良い影響を与えることができます。

おもちゃを選ぶときのポイント!

では、赤ちゃんへのおもちゃはどのように選ぶと良いのでしょうか。
そのポイントをいくつかあげてみました!

  • 安全で衛生的なもの
  • 興味を持ちやすい月齢に合わせたもの
  • 外出時のことも考える

安全で衛生的なもの

0歳の赤ちゃんは、口に入れたり投げたり叩いたりなど、
何をしてはいけないのか、危ないことがわかりません。
そのため、誤飲やケガが起こらないように注意が必要です。

小さい部品を使っていたり、おもちゃの塗料にも気をつかいましょう。
また、振り回して赤ちゃんが怪我をしないように、
角が丸くなっているなどおもちゃの形状にも注意です。

口に入れたりよだれで汚れたりするおもちゃですので、
消毒も簡単にできるおもちゃがよいでしょう。
ウェットシートなどで拭き取れる素材のものだとお手入れしやすいです!
中には、煮沸消毒できるものもあります。
おもちゃは、安全で衛生的なものを選びましょう!

興味を持ちやすい月齢に合わせたもの

いくら可愛いおもちゃでも、赤ちゃんの月齢に合わないおもちゃはよくありません。
月齢ごとに、「何に興味を持つか」という点は違ってきます。

生後間もない頃は視力が弱く、見ているだけのことが多く、
スキンシップを取ることが大事ですが、
月齢が進むにつれ、自分から興味を持つようになります。

特に、赤ちゃんは生後3ヶ月ごろからは五感が発達します。
指や口などから赤ちゃんは学習するため、
触覚を刺激する自分から触れるおもちゃや、
また、視覚の面では、はっきりした色のおもちゃがおすすめです!

赤ちゃん自身の好奇心を刺激する、興味を持ちやすいおもちゃを選びましょう。

外出時のことも考える

基本的にはおうちで遊ぶおもちゃを購入しますが、
外出時にぐずったことを考えて、持ち歩けるおもちゃを選ぶのもポイントです。

ベビーカーやチャイルドシートにつけることができたり、
カバンに入れても場所を取らないおもちゃであれば、
健診などで外出した際に赤ちゃんが退屈にならずとても便利です!

Lightton ベビーカー ベッド 挟むだけ ベッドぶら下げベル ベッドクリップ おでかけ モビール (1個セット)
Lightton

はじめてのおもちゃにおすすめのもの!

赤ちゃん用のおもちゃってたくさんありますよね。
はじめておもちゃを選ぶ際に迷うと思います。

そこで、赤ちゃんの好奇心を刺激する、おすすめのおもちゃをまとめてみました!
ご参考までに♪

手に持って音を鳴らそう「ガラガラ(ラトル)」

赤ちゃんのおもちゃといえばこれ、「ガラガラ(ラトル)」です!
手に持って赤ちゃん自身も遊ぶことができますし、
ママやパパがガラガラと鳴らすと、赤ちゃんが音の鳴る方を追視しますよ!

歯が生える6ヶ月頃のむずむずを解消する「歯固め」にもなるので、
口に入れたがる3ヶ月頃からの使用がおすすめです!

ガラガラはベビーカーやチャイルドシートにつけれるものもあり、
おでかけでの持ち運びにも、場所を取らずにぴったりです!
また、柔らかい優しい生地でできているものが多いので、
赤ちゃんにも優しく、よだれで汚れても簡単にお洗濯できます。

ゆらゆらした動き「おきあがりこぼし」

触ることで倒れたり起き上がったりする「おきあがりこぼし」は、
赤ちゃんが不思議に思ったり、興味を持ったりすること間違いなし!
起き上がる際のゆらゆらとした動きもポイントです。

最近のおきあがりこぼしは音がなるものが多いため、
起き上がった時のコロンとした音は赤ちゃんの聴覚の刺激になります。
おきあがりこぼしは丸いので、安全面でも安心できますね!

楽しいがいっぱい!「ベビージム(プレイジム)」

ベビージムは、寝たままでも遊べる赤ちゃんのおもちゃです。
「見る」「触る」「聴く」など五感を使った遊びができるので、
赤ちゃんの身体や知能の発達を促してくれます。
また、ねんね期以降でも、赤ちゃんの成長過程に合わせて、
長く遊ぶことができるのも良い点です!

寝ころんだ赤ちゃんの約30cm以内の場所に、
様々なおもちゃがぶら下がっています。
おもちゃがぶら下がっているため、ねんね期の赤ちゃんでも、
手や足を伸ばしておもちゃに触れて遊ぶことができます。
体全体を使って遊ぶことがプレイジムではできるので、
赤ちゃんの全身運動になりますし、一人遊びだってできちゃいます!

赤ちゃんの興味を引く工夫がベビージムにはいっぱいです!
たくさんのおもちゃで、思わず赤ちゃんも笑顔になりますよ♪

成長に合わせたおもちゃでたくさん遊ぼう!

赤ちゃんと遊ぶときには、おもちゃも大事ですが、
声をかけながらスキンシップを取るようにしましょう!
生後間もない赤ちゃんは笑うことも少ないと思いますが、
たくさん声をかけてあげることで、言葉の発達を促すことにもなり、
また、赤ちゃん自身の体と心の癒しにもなります。

おもちゃは赤ちゃんの好奇心の刺激になります。
成長に合わせて赤ちゃんの興味や関心を引くおもちゃを選び、
たくさん触れ合いながら、コミュニケーションを取ってくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる