親子で体験してみよう!ベビースイミングのすすめ

赤ちゃんが少しずつ成長してくると、
「なにか習い事をさせたいな」と考える方も多いと思います。

私も、ひーたんに何か習い事をさせたいと思っていた一人で、
特に、何かあった時にひとりでも泳げるように
「ベビースイミング」に興味を持っていました!

コロナウイルスで、体験できるのは先になりそうですが、
今回はそんな「ベビースイミング」について、
私が調べたベビースイミングの効果や、
いつから水泳を始めてもいいのかなどをまとめてみました!

目次

「ベビースイミング」って何?

「ベビースイミング」とは、赤ちゃんと保護者が一緒にプールに入って、
水中で簡単な運動をすることをいいます。

ベビースイミングは、スイミングと言っても、
本格的に泳ぐことを目的とするものではありません。
コーチの指示に従って、プールの中でママやパパに抱っこしてもらいながら、
ジャンプしたり、浮かんだりなど、様々な運動を行います。

赤ちゃんが泳ぎ方を身につけるよりも、
プールで水に触れて慣れることが一番の目的です。
内容的には、赤ちゃんが楽しく水に触れれるように、
おもちゃを使ったり、遊びを取り入れたりする内容が多いようです。

ベビースイミングの効果

ベビースイミングは赤ちゃんだけでなく、
ママやパパと一緒に水の中で体を動かします。
ここでは、ベビースイミングの主な効果についてご紹介します♪

親子のコミュニケーション

ベビースイミングを通して、赤ちゃんとママやパパが触れ合うことで、
赤ちゃんと楽しいひとときを過ごすことができますよ!
また、視線を合わせてスキンシップを図ると、
赤ちゃんは水の中でもリラックスできます。

親子のコミュニケーションをしっかりとることができるので、
赤ちゃんの心身の成長に、良い効果があります。

水に慣れる

ママのお腹の中で、10ヶ月間赤ちゃんは羊水の中に浮かんでいました。
そのため、「生まれる前から赤ちゃんは泳ぐ能力がある」
と言われることがあります。

赤ちゃんの頃は、水に対する恐怖心も少ないので、
ベビースイミングで水に慣れておくことで、
その後も水を怖がらずに、お風呂や水遊びを楽しむことができます!

運動機能の発達

水の中では浮力が働くため、赤ちゃんが自分で動きやすくなります。
水中で自由に動くことで、赤ちゃん自身の運動能力が発達します。

友達ができる(社交性・協調性)

ベビースイミングで、他の子と一緒にプールで遊ぶことで、
挨拶をしたり、順番を守ったり、一緒に過ごすことで、
社交性・協調性が身につきます。

また、同じ年頃の子や、ママやパパと知り合うきっかけにもなり、
情報交換もできるので、ストレス解消にも◎

よく眠るようになる

ベビースイミングで、水の中で全身を動かすことで体力を使い
疲れてぐっすりと眠るようになります。
私も中学の頃プールで泳いだ後は、授業中に眠たくなったものです笑

ママやパパの運動不足・ストレスの解消

ベビースイミングは赤ちゃんだけでなく、
ママやパパも体を動かして筋力を使います。
家にいて中々外出できなかったり、運動不足やストレスが溜まっている方も、
こどもと遊びながら動くだけでも、十分な運動になります。

いつから始められる?

ベビースイミングは、生後6ヶ月頃から始めることができます。
最近では、生後3~4ヶ月から参加できるスクールもあるようです。

それぞれのスポーツジムやスイミングスクールによって、
参加できる時期が異なるので、事前に調べて確認しておくようにしましょう。

おすすめは、見学や体験会に参加してみること!
ベビースイミングと言っても、プログラムなどはジムやスクールが違いますし、
月々料金がかかるものですし、すぐには決められないという方も。
見学や体験会に参加することで、どんなことをするのかや、
どんな雰囲気なのかを感じることができる
ので、安心ですよ♪

参加するときの準備や持ち物

ベビースイミングに参加してみよう!と考えたときは、
まずは必要な持ち物を準備しましょう。

基本的な持ち物をこちらではご紹介しますが、
ジムやスクールごとに必要なものもありますので、
事前に確認しておくようにしましょう!

必要な持ち物の例
  • 赤ちゃんの水着・スイミングキャップ
  • おむつ
  • タオル
  • お茶・水

持ち物を準備しよう

赤ちゃんの水着・スイミングキャップ

ベビースイミングに参加する際は、ジムやスクール独自の水着や、
スイミングキャップを指定している場合もあります。
事前に確認しておくようにしましょう。

指定がない場合は、赤ちゃんが動きやすく、
保湿性に優れている水着
がおすすめです♪

おむつ

これは調べるまで知らなかったのですが、
「水遊び用のおむつ」「洗えるおむつ」などがあります!
専用おむつの着用を義務付けている場合もあるので、
こちらも事前に確認しときましょう。

もちろん、プールからあがった後に着用するおむつも、
忘れずに持参するようにしましょう。

ベビー 水着 アイプレイ 水遊びパンツ オムツ機能付き 水遊び用オムツ 赤ちゃん スイミングパンツ 水遊び オムツ ベビー水着 男の子 女の子 ベビースイミング おむつ サイズ 70 80 90 i play by green sprouts Swimsuit Diaper

タオル

プールからあがったあとに体や髪をふくときや、
休憩時間に赤ちゃんの体を保温したりするのに便利です!
大判のハンドタオルやバスタオル、
フード付きのタオルや、ラップタオル
など様々なタイプがありますよ♪

お茶・水

ベビースイミングで運動した後は、とっても喉が渇きます。
お茶や水などの、赤ちゃんが水分補給できるものを準備しておきましょう。

ベビースイミングの注意点

とっても楽しいベビースイミングですが、
いくつか気をつけたい点もあることを知っておきましょう。

感染症のリスクがある

必ずしも感染するということではありませんが、
プールの水から感染しやすい病気として、プール熱や結膜炎などがあります。
特に赤ちゃんの免疫が落ちていると、感染しやすくなります。

体調がよくないときは無理をせずに、
ベビースイミングは控えるようにしましょう。

また、プールに入った後は、赤ちゃんの様子は変わりないか、
しっかりと見てあげてくださいね。

無理に参加させない

はじめから水が怖くない赤ちゃんもいれば、
入っただけで泣いてしまう赤ちゃんもいます。

ベビースイミングの目的は、プールや水に慣れることが一番!
赤ちゃんが嫌がっている時は、無理に参加せずに、
慣らして、水遊びが楽しめるようにしていきましょう。

プールの後は体を冷やさない

プールに入った後は、思った以上に体が冷えます。
体が冷えると、風邪をひく原因となるため、
プールからあがった後は、早めに体の水分をふいて髪の毛を乾かすなど、
体を冷やさないようにしましょう。

赤ちゃんと一緒にベビースイミングを楽しもう

ベビースイミングは、赤ちゃんだけでなく、
ママやパパも一緒に楽しめるのが良いところ!
赤ちゃんの体の機能が鍛えられたりするだけでなく、大人もリフレッシュできたり、
親子でベビースイミングを楽しむことができますよ♪

今はコロナウイルスの影響もあり、ジムやスクールがお休みのところが多いですが、
落ち着いたら、私とひーたんもベビースイミングに参加してみたいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる