お布団に赤ちゃんがいない!赤ちゃんの寝相の原因

前まではそんなことはなかったのですが、
最近ひーたんの寝相がとても悪く、朝起きるとまくらは絶対ずれてますし、
夜中に寝返りで私の上に乗っかってきたりすることもあります。

成長したんだな、と思うのと同時に、
あまりにも寝相が悪いと、大丈夫なのかな?と心配になったり、
気になって夜中に起きてしまったり
しますよね。

そこで今回は、「赤ちゃんの寝相」について、
寝相が悪い原因や、悪い時の注意点などをまとめてみました!

目次

寝相が悪い時は直した方がいい?

赤ちゃんの寝相が悪いからと言って、直す必要はありません。
珍しいことではないので、心配する必要もなく、対策もしなくて大丈夫です。

しかし、寝相が悪い時に、汗をたくさんかいているときは注意!
暑くて動き回っている可能性があるので、部屋を涼しくしてみたり、
服装を少し薄手にしてみたりと、赤ちゃんが過ごしやすいように工夫してあげましょう。

赤ちゃんの寝相が悪い原因

赤ちゃんの寝相が悪い原因は、大きく分けて4つあります。

体が発達した

生まれたばかりの赤ちゃんは、ねんねしかできませんが、
寝返りができるようになる生後5ヶ月ごろになると、
骨や筋肉、神経などが発達してきます。

この頃ぐらいに寝相が悪い場合は、寝返りの練習をしていることもあります。
体がもっと成長して、自然と寝返りができるようになってくると、
寝相の悪さも少しずつおさまってくるので、
あまり心配しすぎずに、見守ってあげてくださいね♪

眠る場所が暑い

赤ちゃんが寝ているときに暑いと感じると、
大人と同じように布団を蹴ったり、涼しい場所を探して動き回ったりします。
これはひーたんもよくあることで、唸りながら足をバタバタと動かすので、
そんな時は、背中などで暑くないか体温を確認したりしています。

赤ちゃんは大人よりも新陳代謝が良いので、体温も高めです。
ママやパパが快適でも、赤ちゃんが暑い可能性もあるので、
暑くないか様子をみてあげましょう。

体調が良くない

大人が体調が悪い時に、寝苦しくて動くことがあるように、
赤ちゃんも同じように、寝られなくてごろごろと動くことがあります。

体調が良くない時は、寝相もそうですが、
夜泣きなどもひどい時があるので、赤ちゃんの様子をチェックしましょう。

レム睡眠の時間が長い

人間は寝ている間、深い眠りのノンレム睡眠と、
浅い眠りのレム睡眠を繰り返しています。
夢を見たり、寝返りをうったりするのは、このレム睡眠と言われています。

大人と比べると、赤ちゃんのレム睡眠は短く、何度も繰り返すのが特徴です。
そのため、眠りが浅く、寝相が悪くなったりします。

寝相が悪い時の注意点

赤ちゃんの寝相が悪く、よく動くときは、
ご紹介する3つのポイントに注意してあげましょう。

落下に気をつける

赤ちゃんが寝ている間に動き回ってしまうと、
ベッドから落ちてしまう可能性があります。

柵付きのベビーベッドは、頭や手足をぶつけても大丈夫なように、
衝撃を和らげるベビーベッドガードをつけたり、
高さがないように、同じ布団で寝たり、ベビー布団を使うのがおすすめです。

ベビーベッドガード サイドガード 抱き枕 ノットクッション 赤ちゃんベッドバンパー ソファークッション 結び目 ロング 部屋飾り 撮影小物 出産祝い プレゼント (ホワイト/ピンク/グレー, 2M)
kelann

寝冷えに気をつける

赤ちゃんの寝相が悪いと、自分で毛布を蹴ってしまい、
お腹が冷えてしまう可能性があります。

毛布がなくても赤ちゃんが冷えないように、
上下がつながっている服や、腹巻を着せてあげると◎
他には、スリーパーなんかも脱げることがないので安心ですよ♪

窒息に気をつける

寝相が悪いと、赤ちゃんが周りにあるものに顔を押し付けたり、
埋まってしまうことで、窒息する可能性があります。

赤ちゃんがどんな感じで動くかはわからないので、
なるべく赤ちゃんの周りには、柔らかいクッションやぬいぐるみなど、
置かないように気をつけましょう。

寝相が悪さは性格が関係している?

赤ちゃんの寝相から性格がわかる、とアメリカでは言われています。
寝相に性格や、深層心理が現れるそうで、性格の傾向がわかるそうです。
占いみたいで、なんだかちょっとおもしろいですね♪

大の字

仰向けで寝ることの多い赤ちゃん。
中でも「大の字」に寝る赤ちゃんは、精神的に安定しています。
自信があり、オープンな性格のようです。

横向き

赤ちゃんが横を向いて、膝を曲げて寝ているとき。
精神的にバランスがとれており、安定した性格のようです。

うつ伏せ

「うつ伏せ」は、ママのお腹の中に似ている体制。
自分が中心になりたいタイプで、周りに気を配れる性格のようです。

赤ちゃんの寝相の悪さは成長の証!

寝相の悪さといっても、新生児の頃から寝相が悪いために、
この記事を読んでいる方は、少ないのではないでしょうか?
現に私も「赤ちゃんの頃はまったく動かなかったなあ」と感じています。

生後6ヶ月を過ぎたあたりから、枕が気づけば布団の外にあったり、
きちんとかけていた毛布が、まったくかかっていないこともありました。
同時に、赤ちゃんが眠たくなると手足がポカポカしてくるのも、
最近になってようやく感じることができるようになってきました。

子育てしていると、不思議なことってたくさんありますよね。
今までと変わったことが起こった時は、過剰に心配せずに、
ひとつの成長の証だと考えて、優しく見守ってあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる