Mac mini(2012)にSSDを積んで爆速化!

こんにちは!Mkunです。
パソコンが欲しいけどMacが欲しい!だけどMacってお高い。。
どうすれば良い??

こんな悩みはあると思います。
Windowsパソコンなら同じ価格帯でスペックは高く、さらに高い拡張性のPCが購入できちゃいます。

確かに今のアップル製品はプロ向けというか高価格帯では、スペックと拡張性がすごく高い!それに対し廉価製品はそこそこ安いですがスペックは超貧弱!と両極端でセミプロ、SOHOではなかなか手が出し辛いです。

私は以前Power Mac G5を使っていて、その電源ユニットが逝かれてしまったので取り急ぎ新Macを購入しました。
それが今現役で使っているMac mini server(2012)です。
これを今年で丸6年使ってきましたがそろそろ処理速度が厳しくなってきました。

今回はこれにSSDを積んで爆速(?)化したのでシェアしたいと思います。

新機種を買わずにSSD搭載に至った経緯

6年も使ったなら買い換えた方が良いんじゃない?
と思われるかもしれません。確かにその通りなのですが冒頭に申し上げた通り、価格とスペックが釣り合っていません。

確かにAppleというブランドという価値もあり、使い勝手はWindowsなんかと比べるまでもなく最高です。

iMac Pro

非常に高価!いつかはリビングに置きたいPCです。¥558,800 (税別)〜

Mac mini(2018)

次買うならこれでしょうか!おすすめです。¥89,800 (税別)〜

MacBook AirまたはMacBook Pro

これが大本命でしょう!いつでもどこでも持ち運んで作業できます。
MacBook Air¥119,800 (税別)〜
MacBook Pro¥139,800 (税別)〜

さて、以上の価格なんですがここからメモリーとストレージを増強して購入したいと考えた場合、ここに約10万円プラスになります。

割高感は否めません。

さらにいうと…

これらのデザイン、5〜9年間ほとんど変わってません。
何が言いたいかというと新しいの買った感がありません。
入手した満足度も低いんです。完成されたデザインなんだと言えばその通りなんですが…。

というわけでG5時代から使っているSSDがあるのでこれを取り付けたほうがコスパは最強!と言うトコに落ち着きました。

Mac mini ServerをSSDに換装

私のMac miniは2012年の機種なんですがServer仕様でHDD(1TB)が2台乗ったタイプです。これまでRAID0のストライピングで運用していました(HDDシングルでは遅すぎるので)。
実はRAID0だとmacOS Sierra以降がインストールできません。

最新のmacOS Mojaveをインストールするためには2つ方法があって

  1. シングルディスクにインストール(もう片方はデータ用かTime Machine用)
  2. 2つのディスク(速いSSDと大容量のHDD)でFusionDrive(2つのディスクを融合(フュージョン)していいとこ取り)を作りインストール

大容量かつ超スピードで両得な2番目の方法に決めました。

取り付けは↓こちらを参考にしました。
YouTube動画リンク

工具はMac mini専用でググれば出てきます。真ん中の銅色のテープはBluetooth電波問題解決用のものです。気になるなら購入して貼ってみてください。

テープの貼り方はこちらの動画が参考になります。
YouTube動画リンク

FusionDrive化の手順

ターミナルを起動して2回コマンドを叩くだけで簡単にできました。

diskutil resetFusion

まずは上記↑を打ち込みリターンキー(enter)を押します。

All of the above will be erased Do you want to continue? (Enter “Yes” to proceed to erase)と表示されたら、

Yes

と打ってリターンキー(enter)を押します。
非常に簡単です。

最新macOS Mojaveを手に入れてテンションMAX!

先にも書きましたが、Mac miniはRAID0(内蔵HDD2台)で運用していましたが、macOS MojaveはソフトウェアRAID上にではインストールできません。(macOS Sierra以降インストールディスクに指定ができなくてOSX El Capitan止まりでした。)

今回Mac miniをFusionDrive化をしたので問題なく現時点で最新であるMojaveをインストールすることができました。
El Capitanから→Sierra→High Sierra→Mojaveと3世代も飛び越えたので切り替えたことによる恩恵はかなり大きいです。特にiOSとの連携が随分強化されてきているので以前より増して便利に使うことができています。

例えばメモ.appアプリをiPhoneで表組みをメモしてもEl Capitan上のメモでは表組みは空白で表示できない等です。

そして嬉しいことにMac mini(2012)は次期macOS Catalinaもインストールできるシステム要件に入っています。先2年くらいは最新OSが使える環境ができました。